さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2006年12月07日

花と蝶2:nonno ノンノとheporap ヘポラプ



12/3の記事で、アイヌ語で花をnonno ノンノ、蝶をheporap ヘポラと書きました
そこで、今回はnonnoがヤグルマソウ、heporapがヒメシジミです

函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花  (石川啄木『一握の砂』)

の歌とともに深い紫の色彩が心に染み込んでくるnonnoがヤグルマソウ
なお啄木が愛した、この青紫のヤグルマソウ(ヨーロッパ伝来、別名ヤグルマギク)とは別に
ヤグルマソウという名前の固有種があります

  


2006年12月03日

花:nonno ノンノと蝶:heporap ヘポラプ



アイヌ語で花のことをnonno ノンノというのはよく知られているようです
酷寒の地においてはnonnoの季節は短く、その出合いの感動は一層大きなものです
heporap ヘポラ(=蝶)も限られた時間の中で吸蜜に懸命となります
画像のnonnoはヨツバヒヨドリ(ヒヨドリバナの一種)、heporapはアサギマダラ
アサギマダラは長距離の移動や台湾などへの渡りもすることで有名な蝶です
下の画像は自然(野生)のアサギマダラとmosirが遊んだ時の1コマです

  


2006年12月02日

マユミ:kasupni カスプニ



マユミは秋の深まる中で他の木々に先がけて紅葉し実も鮮烈な赤色に色づく
この可憐な木はアイヌ語でkasupni カス
kasup(=杓子)を作るni(=木)として暮らしにも身近な存在であった