さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2006年04月27日

「丘のまち」美瑛:piye ピイェ


                                
暮らしの基盤である農地が「丘のまち」のフレーズでとても有名になった美瑛町(上川郡)
ゆるやかにうねる丘と「美瑛」という透明で硬質な地名が人々を魅了する
意外にも、その名前は美瑛川をアイヌ語でpiye ピイ(=油っこい、油ぎる)と呼ぶことから
美瑛川は噴煙を上げる十勝岳を源流とし、その水に硫黄などを含み青緑の光彩を放つ  続きを読む


Posted by mosir at 17:00Comments(1)アイヌ語の地名

2006年04月26日

ハマナス:maw マウ



潮かをる北の浜辺の
  砂山のかの浜薔薇よ
    今年も咲けるや
  (石川啄木)

とうたわれたハマナス(ハマナシ) 夏の浜辺を鮮やかに彩る
夏の終わりとともに赤く色づく甘いハマナスの実はアイヌ語でmaw マウ

  


2006年04月20日

ニリンソウ:pukusakina プクサキナ



山野草として愛されるニリンソウの純白の清楚な花は印象的
意外ながら最も代表的な山菜の一つでもありアイヌ語でpukusakina プクサキナという
    ※pukusa(=ギョウジャニンニク)kina(=草、山菜)  


2006年04月18日

ギョウジャニンニク:pukusa プクサ



北海道や本州では長野県以北の寒冷地に生えるギョウジャニンニク
その強烈な味や香りで活力を与えてくれる存在はアイヌ語でpukusa プクサ  


2006年04月01日

アイヌは空を「天上の湖」と考えた



       <写真>流れる彩雲……onne-to(オンネトー 足寄町)
                             を想いおこさせる
仰ぎみる空を、アイヌ語ではkantokotor カントコト又はnis(nisor) (ニソ)とよぶ
    ※kan(=上の)to(=湖沼)kotor(=のこちらの面・の表面)nis(=空)or(=の所)
また、雲はniskur ニという
    ※nis(=空)kur(=影)