さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2006年12月07日

花と蝶2:nonno ノンノとheporap ヘポラプ



12/3の記事で、アイヌ語で花をnonno ノンノ、蝶をheporap ヘポラと書きました
そこで、今回はnonnoがヤグルマソウ、heporapがヒメシジミです

函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花  (石川啄木『一握の砂』)

の歌とともに深い紫の色彩が心に染み込んでくるnonnoがヤグルマソウ
なお啄木が愛した、この青紫のヤグルマソウ(ヨーロッパ伝来、別名ヤグルマギク)とは別に
ヤグルマソウという名前の固有種があります



あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(アイヌ語にみる自然)の記事画像
サクラ:karinpa-ni nonno カリンパニ ノンノ
ヒグマ:kamuy カムイ
オオウバユリ:turep トウレプ
イケマ:ikema イケマ
クロユリ:anrakor アンラコロ
雪:upas ウパシ
同じカテゴリー(アイヌ語にみる自然)の記事
 サクラ:karinpa-ni nonno カリンパニ ノンノ (2011-01-31 00:58)
 ヒグマ:kamuy カムイ (2007-08-07 18:54)
 オオウバユリ:turep トウレプ (2007-08-03 20:45)
 イケマ:ikema イケマ (2007-07-27 21:59)
 クロユリ:anrakor アンラコロ (2007-07-25 23:44)
 雪:upas ウパシ (2007-02-15 16:33)

この記事へのコメント
初めてお邪魔致します。
アイヌ語に触れよう会・なごやの事務局のものです。

ここは、たいへん写真の良いページですね。
花や蝶の写真がとても美しく、しかも、いちまいいちまいが大きいので、堪能できます。

むかしは名古屋でも、よくシジミチョウ(多くは地味な薄青色、時々赤いのもいた)を見かけたと思うのですが、最近はほとんどみませんね。気候変動の影響でしょうか?

書物から学んでいるアイヌ語も、実物の写真と一緒に見ていると、とても覚えやすくなるのではないか、と思います。

名古屋でアイヌ語にかかわっている、というのは、なかなか珍しいことなので、
mosirさんとも、どこかでご一緒することができるとよいですね。
ではまた。
Posted by アイヌ語に触れよう会・なごや事務局 at 2007年01月20日 15:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
花と蝶2:nonno ノンノとheporap ヘポラプ
    コメント(1)